Just another WordPress site

ドラマ「海月姫」のネタバレ感想

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!
今回は「海月姫」と言うドラマを見た感想を書いていきたいと思います。

登場人物

まず初めに登場人物をちょ〜カンタンに紹介します。

まず主役のクラゲ大好きヲタクの内気な月見。笑

そしてその月見と一緒に暮らしている「尼~ず」という名の4人。(尼〜ずは月見を入れて5人)

その中のぽっちゃりみんなのお母さん的存在の「千恵子」

いつも目を髪の毛でかくしてるけど実は美人の「まやや」

アフロのきもちがわるい「ばんばさん」

何を考えているかわからない感じのメガネ女子「ジジ様」

そして月見の事が好きな「鯉渕修」

女装が趣味な頼れる存在「増渕蔵ノ介」

修の兄。

この、尼〜ずをめぐっての、恋物語や尼〜ずが住んでいる建物の解体などを
巡って争い、変身し、恋をするという

まぁとりあえず簡単に説明しました。

ストーリー&感想

修は月見が化粧をした時にしか会ったことがなくいわゆる一目惚れ。

化粧をしてない時に街で会うと気づかない。

はっきりいってありえませんよね。ホントの人間の姿なんでしょうね。
対応も冷たくて。そんな修に対して月見は不信感を抱きます。

そして修の事が大好きな翔子という何とも性格の悪そうな女もでてきます。翔子はどんな手を使ってでも修を手に入れようとします。もう見ててイライラしてきます(笑)

そんな二人を見た蔵ノ介(個人的にかっこいい)は、2人の手助けをしようとするが、いつのまにか蔵ノ介も月見を好きになるという所で、私は蔵ノ介の方を応援していました。

がやはり、月見は修が好きなんですね…。まあ邪魔者は付き物です。翔子がいつも割って入ってきます。

私は個人的に月見のような性格もはらがたってきます、が、ドラマですので(笑)

そして本題?の、尼〜ずが引き離される住むところを壊す問題にも翔子がかかわってきます(ほんとに邪魔です)

その費用のために蔵ノ介が月見にドレスを作って儲けようと提案。もちろん尼〜ずは反対しました。私でもそんな無謀な提案反対するかなあと思います。

そのテーマが海の底にいるような海月をイメージしたドレスつくり。それがまたなんと月見センスあるんですね。売ってたら買う。ってかんじのかわいらしいドレスでした。

ほんとにドレスをクラゲイメージして作る発想はなかなか思いつきませんよね。素晴らしい。

初め反対してた尼~ずも、月見と蔵ノ介を見て徐々に協力していく姿に感動。

そんな努力も消してやろうとする翔子にはほんとにドラマの中ですが腹が立ちました。

あと蔵ノ介と修の専属運転手花森さんもなかなかキャラが濃ゆい(笑)どっちの肩を持ってんだってなります。

まあ何か買ってあげるから教えろ的な取引に弱い人なんですね(笑)

まあ最終的にいい人でした。個人的にはどうかと思うけど。

まあそんなこんなで蔵ノ介が月見になんと。キスするんです。もう蔵ノ介我慢出来なかったのでしょうか、きもちに。

蔵ノ介推しの私からしたら最高、何度もリプレイしました(笑)かっこよい。

修派の人はがっかりかな。少し得した気分。

まぁ、ドレス作りの方も軌道に乗るんですね、まあ一発逆転。感動モノです。ぜひまだまだ見どころがあるので見ていただきたいドラマです。

この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちまっとLIFE , 2018 All Rights Reserved.