Just another WordPress site

高校化学、遷移元素を一夜漬けします

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

今週は、知り合いの高校生の試験勉強に付き合っています。

私は応援部隊なので、たいして当てにされてはいないのですが、

やっぱりできるだけテストの役に立ちたいし、折角機会があるなら勉強した方がいい。

そんな訳で、今日は一日遷移元素とカンヅメです。(なんて素敵な日曜日T_T)

さすがに一日ではなぁと思ったので、下調べとして昨日のうちに、範囲の動画を2倍速で全体(2時間)見ています。その時に音声を拾って録音し、朝からプレイヤーで再生してます。

これだけで、たまに頭に入る事もあるのでこの作業は侮れません。とりあえず銅の電解精錬とか、製鉄(鋼の作り方)とか、MnSの沈殿の色(淡赤)とか、

なんとなく拾えた部分を記憶のランドマークに。

次に教科書。そんなに凄いレベルの高校ではないので、教科書(東京書籍)は大判で写真が多くて楽しい感じのものです。

セラミックスを入れても、25ページくらいで収まっています。

重要な部分から押さえていけばいいと思います。

目次にかえて、小見出しを抜きます。

3章 遷移元素
1-A遷移元素の特徴
2-A銅の単体
2-B銅の化合物
3-A銀の単体
3-B銀の化合物
4-A鉄の単体
4-B鉄の化合物
5-Aクロム
5-Bマンガン
6-A金属イオンの反応

4章無機物質と人間生活
1セラミックス
2金属の利用
3合金

小見出しは以上で終わり。それぞれ軽く予備知識入れます。

3章 遷移元素

1-A遷移元素の特徴

3~11族、隣同士の性質も似る、密度大きいものが多い、イオンや化合物には色がつくことが多い、錯イオンを作るものが多い。

錯イオン>>とりあえず、金属イオンになんかくっついたイオン。

2-A銅の単体

黄銅鉱(主にCuFeS2)から造る。鉄と硫黄を抜いて粗銅、電解精錬で99.99%の純銅。

酸化力のある酸に溶ける。塩酸とかではだめ。

酸化の化学式を書けるようにする必要あるかも。(硝酸、熱濃硫酸)

2-B銅の化合物

酸化物の色は簡単に覚えられそう。CuO酸化銅(Ⅰ)黒、Cu2O酸化銅(Ⅱ)赤←高温で加熱。いかにも熱そう。

硫酸銅(Ⅱ)CuSO4、硫酸銅(Ⅱ)五水和物CuSO4・5H2O5個水を加えると綺麗なブルーに。

この先のイオンの反応が面倒くさそう。

3-A銀の単体

酸化力のある酸に溶ける

熱濃硫酸でSO2 濃硝酸でNO2希硝酸で NO発生←薄いと結びつく酸素が少ない

3-B銀の化合物

硝酸銀AgNO3銀と濃硝酸のカップル。感光性あり褐色瓶で保存

ハロゲン化銀、光による遊離。2AgX→2Ag+X2←フィルム式写真

面倒そうなイオンの反応については別にやろう。銅よりは楽そう。

4-A鉄の単体

主にFe2O3、赤鉄鉱。Fe3O4、磁鉄鉱。

Fe2O3+3CO→2Fe+3CO2

コークスが燃焼、一酸化炭素発生、酸化鉄を還元。

銑鉄→鋼

4-B鉄の化合物

酸化鉄(Ⅲ)Fe2O3、赤さび

四酸化三鉄Fe3O4、黒さび

鉄(Ⅱ)鉄(Ⅲ)で化合物が分けられる。

硫酸鉄(Ⅱ)七水和物FeSO4・7H2O淡緑色

塩化鉄(Ⅲ)六水和物FeCl3・6H2O黄褐色

イオンの反応式はあまりないけど、試薬を入れた結果がさまざまで、全部覚えるとすれば厄介。

とりあえず、H2S水溶液を加えた時、沈殿FeSができる。色は黒色。

5-Aクロム

めっきに使う。

酸化数+3と+6の化合物

クロム酸カリウム、K2CrO4→クロム酸イオンCrO4²¯(黄色)

二クロム酸カリウム、K2Cr2O7→二クロム酸イオンCr2O7²¯(赤橙色)

↑結構綺麗。ビタミンカラー

5-Bマンガン

酸化数+2、+4、+7などの化合物 →沢山ある

マンガン電池の中身。多くの反応の触媒。

過マンガン酸カリウムKMnO4黒紫色、水に溶けて過マンガン酸イオンMnO4¯赤紫色

6-A金属イオンの反応

金属イオンの水溶液に特定の試薬を加えると、沈殿を生じたり、特有の色を見せる。

この反応を使って金属イオンの確認、分離をする。

特定の試薬として、希塩酸、希硫酸、硫化水素、水酸化ナトリウム水溶液、アンモニア水、炭酸水。

Na+、K+は炎色反応で検出する。(沈殿をつくらないため。)

4章 無機物質と人間生活

1セラミックス

陶磁器、セメント、ガラス、ファインセラミックス。

2金属の利用

それぞれの金属について、どのような用途に用いられているのか覚える。

3合金

黄銅、ニクロム、ステンレス、ジュラルミンは覚える。

↓特殊な機能を持つ合金

形状記憶合金、水素吸蔵合金、アモルファス合金、超伝導合金。

この辺りが、あまり苦労しなくても覚えられそうな部分。

この先は…一応某凄腕コーチのテキストを見るけど、多分レベル的に

まだ理解できないと思うので、リードLightノートに進みます。

この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちまっとLIFE , 2018 All Rights Reserved.