Just another WordPress site

中学2年理科の水の電気分解

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

今日はちょっとジャイアンツ

をお休みして、

理科のお話です。

私は中学生の家庭教師を、

時給で引き受けています。

数学が主なんですが

今年は社会と理科があって

結構悩ましいのです。

どちらも中学のときは

苦手教科でした。

問題を解くだけならできても

説明するとなると怪しい

ことだらけです。

でも、そんな事情を言い出したら

お仕事を任せてはもらえません。

復習したり、

新しく仕入れ直したりした

情報をフル動員してなんとか

こなしています。

中学二年生は、

理科で水の電気分解を

学びます。

でも、この時はイオンも電離も

それどころか電子すら

習っていないのです。

つまり、電流の流れと

電子の動く向きが逆であるとか

そんな事も分かっていないのに

電気分解の実験をするんですよね。

まぁ、そこでは一つの物質が

二つの異なる性質をもつ

別の物質に分解することを

学ぶというのがメインなので

特に電子が動くところは

必要ないといえば、ないんです。

でも、ちゃんとどちらの

極に何対何の割合で

何の気体が発生するのかは

問われます。

状況的に、

そこはただの丸暗記になります。

ちょっともったいないですよね。

私は理科の一分野が超苦手

だったおかげ(?)で、

もっと後でイオンを学んでから

その辺りをやり直す

格好になったので

特に問題はありませんでした。

厳密にいうと、

問題ないというのはちょっと嘘で、

問題が全くなかった訳ではなく、

水分子の化学式がH2O

だという事と、

水素イオンは陰極に

引かれる

程度の知識があれば

陰極で水素が酸素の二倍

発生するんだな、

程度の理解はできるという事です。

それでそのあたりの問題は

解けてしまいますから、

高校受験時の私にとって

そこはたいして注意を向ける

所ではありませんでした。

でも、今、仕事で中学生の

理科を見ていると、

どうしても、そこでなぜ

陰極に水素、陽極に水素が

出るのか不思議に思う人が

いるし、

仕組みをきちんと理解して

いないのですから、

そこが問題に出た時に

間違ってもおかしくは

ありません。

そもそも、この手の問題の攻略って、

「背骨のある動物を

セキツイ動物という」

とかそういう系とは

また違うと思うんですよね。

なので、私は簡単にでも

電子が移動する所を

説明したいなと思うんです。

そう思って、水の電気分解の

図を書き出したのですが

何と、

最後までの道筋がきちんと

導けない(汗)。

水素イオンの移動は納得できるのですが

いきなり酸素ができるってどうなの?

という感じです。

そこで、今更ながら

水の電気分解を復習しました。

陰極側には、やはり

H+(水素イオン)が移動します。

H+2つが陰極側で電子を受け取り

H2になる。

では、

陽極側ではなにが起きている

のかというと、

OH-(水酸化物イオン)

が移動する。

陽極にOH-が2つ集まり

電子を渡し、

2つのOが結合して、

O2になる。

ここでHが2つ余る。

そこで、新たな2つのOH-が

電子を渡して

さっき余っていた2つのHと

組み合わさって

H2Oが2つできる。

で、全体としては2つの水分子が

水素分子2つと酸素分子一つに

分解されたように見える。

・・・という事です。

文にするとなにやら

ややこしいですが、

図を使えばなんとか

説明できそうです。

ただ、余計な所まで

説明するよりは、中学で

学ぶ事をその範囲できっちり

押さえる事の方が先決だと

思います。

相手によって、必要に応じて

説明するのが良いのでしょうね。

私は本当の理科教師ではないし、

今の段階で生徒さんに深い

理解をさせてあげる事は

できません。

でも、この先良い先生について

もっと化学を理解できたなら

すこし突っ込んだ話題を

しても許されるかなと思います。

だから、

今回のこの記事はほんの

防忘録程度。

でも、何かの役に立つといいなと

思います。

今のネット社会なら、

世界中のいろいろな先生とつながる

こともできる。

そんな時代に学ぶ機会が

あるのはとても幸せな事だと

思います。

時代に感謝しつつ、この機会に

理科も社会も納得いく所まで

勉強してゆきたいです。

そして、今回は文章で済ませて

しまいましたが、

ネット上で理科などの

話を、図や画像を使って

できるようになったらうれしいなと

思うんです。

そういうところも

少しずつ勉強してゆきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちまっとLIFE , 2018 All Rights Reserved.