Just another WordPress site

略語のきもち。その④~MRについて調べてみました~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

 

今回ターゲットにしてきた4つの関連の略語。

今日は最後のひとつ、MRについて

調べていきます。

私、SRとMRで、どちらを先に書くか迷った

んですけど、この順番でよかった気がします。

最後に調べるのにふさわしいトピックだと

思うんです。

最後、というか、もしかしたら始まりなのかも

知れませんね。

かなりワクワクしましたね^^

さて、MRですが、これは、

私が調べて掴むことのできた部分を

まとめると、

ホログラムを使った情報の

現実への投射、それによる情報の共有

です。

ホログラム、つまり立体映像を使って、

現実世界に何かしらの物体を映し出して

重ねる。

ホログラムで、

物体が360度どこからでも見られる

というだけでも結構凄いと思います。

例えば、ある人物が今目の前に現れて、

私はその人物の後ろにまわってつむじの

位置を確かめたりなんかできる訳です。

自分でもいいですよね。

寝癖チェックが好きなだけできますね。

この技術がうちに来たら、

私はそれを絶対やると思います。

でも、そんなのほんの序の口ですよね。

これのすごい所は、映像を操作できたり、

他人と共有できる所です。

情報を見るだけではなく、

スイッチを押したり、

ドラッグしたり空間上で

スマホでしている操作が全部

できる訳です。

また、映し出したものを、

まるで触っているように回転させたり

ひっくり返したりもできるし、

マーカーで印をつけたりもできる。

さらには、空間全体を設定することで

仮想世界を作りだす事ができます。

部屋に映ったホログラムを

他の人にも見せる事ができる訳です。

たとえば、ホログラムで

映し出したコンソールを、

何人もでシェアして使えたりする訳です。

私の部屋が、

ある時には自分の住まいであり、

時にはミーティングの会場になったり

職場にもなる可能性がある。

しかも、そこに集まる人も、

実体でなくともかまわない訳です。

そして、その映像は、

もちろん見せない事もできます。

もし、私の部屋にホログラムで

作られた会場が設定されていて、

そこにいろいろな人が訪れて

作業している真っ最中に、

不意に家族が私の部屋の本を借りに

入ってきたとしても、

そこには誰もいない

入って来た家族にとっては

なんの変哲もないただの部屋、

なんて事も考えられます。

さて、この技術。

実際にどんな所で実用化されているのか

気になるところです。

マイクロソフト社が、

MRシステムについての動画を

配信していました。

それによると、物流システムの中で

何もない空間に実物の映像を投射して、

サイズなどを確認する事で、

実際にそれを置く事ができるのか、

現在の位置から移動可能かどうかを調べたり、

離れたところにいる作業員に

映像(マークなど)を実物に

かさね合わせてリアルタイムで

手順を説明したりできる、

というものでした。

デバイスは、

ヘッドセットを使っていますが

VRの目をしっかり覆ってしまう

ヘッドセットではなく、

サングラスとか、安全グラスを

進化させたようなものを

使っていました。

マイクロソフト ホロレンズ

という商品らしいです。

こちらはもう販売されているんですね。)

身につけるのはそれだけですが、

実際に装着すると、

空間全体がデバイスとして

使えるようになるみたいです。

また、すべてのシーンで

それを使うのではなく、

たとえば途中の入力作業を

普通のPCで行っていたり、

まさにあらゆるものをミックスして

新しい世界を作り上げていくような

印象でした。

私が今回捉えた所はそのくらいです。

そのマイクロソフト社の動画のMRシステムが、

実際にもう使われているのか、

ただのデモなのかちょっと分からなかったのですが、

もしデモ動画だったとしても、

それはもう現実に使える段階に来ているように

見えました。

今から色々気にしていて、

そのような技術が目の前に現れたときには

積極的に関わっていきたいなと

思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちまっとLIFE , 2018 All Rights Reserved.