Just another WordPress site

略語のきもち。その①~VRについて調べてみました~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

アルファベットの羅列。

あなたの意味は一体なに?

って思う略語は結構ありますが、

調べても結構忘れます。

NAFTAとかSEOとか、PPCとか。

でも、ブログに書いておけば、

結構覚えるかも知れませんよね。

知っておきたい略語のこころ、

略語のきもち。」です。

今日のトピックは、

「VR」

です。

選んだ理由は、このあたりの言葉がさっぱり

分からなくて、

まとめて調べて覚えてしまおうと思ったからです。

今回狙っているのは、4つの言葉です。

順に4つ書きます。

まずは手始めの言葉、VRです。

一応なんとか知っているかなというレベルの、

バーチャルリアリティ

この言葉を知ったのは、

とあるPC雑誌を毎号買っていた

頃なので相当前です。

まだVRなんて言われてない頃です。

もう記事自体は覚えていないですが、

グローブを装着してロボットアームを

動かすとか、そんなような記事だったような

気がします。

今調べなおしたら、

当時と違う発見があると思うんですよね。

今のほうが若干テクノロジーに興味

ありますし。

お世辞にも得意な分野ではないですが

やってみます。

修行の身なので、コピペはなしです。

VRは、

まず、コンピュータを使う事が前提であること。

3次元つまり、

私達の知覚している現実世界を模した

仮想世界を体感できるようにしたもの。

特に、コンピューター上の仮想世界のことを、

サイバースペースという。

例えば、何らかのユニットを装着して、

香りとか触感で仮想世界を体感できたり

するかもしれないけど、

コンピュータを使っていないのならば

それはVRとは言わない。

さて、そのVRが何に使われている

のかといえば、

ゲームですよね。やっぱり。

PS4 VRゲーム

で検索したら、どーんと、

ソニーのVR Playstation Cameraという

ヘッドセットが出てきました。

レビューも結構良い事が書かれていて、

その凄さは、

「実際にやってみなければ分からない」

らしいです。

私はアクションゲーム系を想像していたのですが、

ほかにも目の前であの人(?)がライブするとか、

美しい海をダイビングをするとか、

いろいろあるんですね。

これからもっと多様化するんでしょう。

VRだけのためにゲーム機を買うのもなぁ、

と思った向きには、

アトラクションを試すのも良いかもしれません。

調べていたら、ドバイに最大級のVRアミューズメント施設

VR PARK というのが

あるんだそうです。

内装もとっても凝っていて、

アミューズメント施設

というよりは、

テーマパーク

という方がイメージに

近いようです。

さすがにドバイまではなかなか行けないと

思うんですが、近いところで、

渋谷にあるVR PARK TOKYO。

ここなら間違いなく最新のVRが

手軽に体感できそうです。

平日110分遊び放題で2900円。フリードリンク付き。

ゲームを楽しみながらフィットネスができるという

アトラクションが面白そうだなぁ

と思いました。

フロアを借り切って皆でパーティー、

なんていうのもできるようです。

結婚式の披露宴で、

新郎新婦が初めての共同作業として

ケーキではなく、異次元の敵に

入刀しちゃったり、

あるんでしょうかね。

なお、プレイヤーは最大4人のようです。

ほかにも調べていてVRを活用している

プロジェクトはゲームだけではない事が

分かりました。

医療現場の研修とか、

脳に障害を負った人達の訓練とか、

他にも、認知症の体験をするなんでいうのも

あります。

こちらはNHKでも取り上げられたようで、

結構有名らしいですね。

シニアの方向けのVRを使った

トレーニングマシーンなども

あるそうです。

VRでアスリートのようにさくさく動けて、

実際に体が鍛えられるなんていうのが

できたら、歳を重ねてからでも

楽しくフィットネスできそうです。

そういえば、21世紀少年でもVRアトラクションが

出てきましたよね。

昭和の少年達の世界がリアルに

体験できるのは、想像するだけでも

楽しそうです。

(アトラクションの死ぬほどの恐怖は、

私は想像でも体験したくない

ですけどね。)

 

VR。

すでにある程度身近なものになっているのが

分かりました。

人が現実には経験できない事や、

誰かほかの人の体験ができるというのは、

色々な可能性を持っていると思います。

例えば、アインシュタイン的な天才が、

何をどんな風に見ているのか、

なんていうのが

体験できる日が来るかもしれませんね。

また、自分の記憶をVRの媒体に残していく

という事もできるかもしれません。

一方、洗脳というのも、あながち漫画の中

だけではないのかなという気もします。

リアリティがあればあるほど、

その世界の影響を強く受けると思います。

何が正しいのか自分で判断できる力が

より必要とされる時代になっていくのかも

知れませんね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちまっとLIFE , 2018 All Rights Reserved.