Just another WordPress site

セブン・ペイメントサービスって何だろう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

昨日ネットをふらふらしていたら見つけた

セブン・ペイメントサービス。

これって何だろう?

ちょっと気になったので、

今日の練習ブログのテーマはこれを

選ばせていただきます。

セブン・ペイメントサービスというのは、

セブン銀行の子会社で、

今年の一月にできたんだそうです。

事業内容は、送金、決済サービス。

正式には、

株式会社セブン・ペイメントサービス

で、そこで新しく始めたサービスが、

同名のセブン・ペイメントサービス

ちょっとややこしいですね。

初めてこの言葉を目にして、説明を見たとき、

お金をATMで受け取れる

というのが真っ先に飛び込んできて、

何、普通のこと言ってるんだろうと思いました。

そして、

レジで受け取れる

というのもあって、

「えぇ?自分のお金をレジで受け取ってなにが嬉しいの?

ATMで下ろせばいいじゃない。」

と、なんだか狐につままれたような気持になりました。

昨日の時点では、

「何だか謎のサービスだけど

セブン・イレブンで新しく始めて

ニュースにもなっているのだから

何か革新的なものなんだろうな」、

と思って、

その日はもう夜も更けていたので、

あまり深入りせず眠りについたのでした。

そして今日。

話はそれますが(適当に読み飛ばしてください)、

私は修行の身で、

そろそろ情報発信の練習をしなければいけないのです。

しかし、私は。

はっきり言って、

何にもない

んですよね。

だって、普段テレビもニュースもあまり見ないですし。

仕方がないので、分からない事を丸出しで、

自分が分からないから調べるというスタンスで

いこうと思いました。

世の中にはありとあらゆる情報があふれているけど

私がアクセスできるものってどのあたりなのか

わからない。

でも、多分私のように、分からないけど書くひとも

結構な割合でいると思います。

そこで恥ずかしがってはいけない。

 

 

さて、本題に戻ります。

セブン・ペイメントサービスは、

昨日正式にサービスを始めたのですが、

その内容は、私の最初の解釈と全く違いました。

当たり前ですね。変だと思いました。

で、どういったものだったかというと、

お金を受け取るというのは、

誰かから送ってもらったのを受け取る

という事でした。

その誰かとは、企業のことで、

つまりは返金などで企業からお客さんに

お金を送る必要があるとき、

今までは銀行振り込みか、

現金書留か、定額小為替とか、

(なんか他にも結構手段はあるのかも

知れないですけど)

要するに、今まではお客さんが出向いて

どこかで何かの手続きを踏まなくてはいけなかった。

出向かないまでも、留守中に受け取れない

とか、ちょっと厄介だった。

でも、ここで、近所のセブンイレブンで

受け取れるという選択ができるようになった、

という事です。

確かに、例えば銀行振り込みしてもらうとき、

確認のために銀行に行くのはちょっと面倒です。

入金になっても200円とかだと、硬貨では

引き出せないですし。(200円をぜひおろしたい

という人がいるかはともかくとして)

ほんとうに手元に届けられるとしたら

現金書留ぐらいですよね。

更に、送る側も、手数料がかかるんですよね。

もし仮に手数料よりも安い返金だったら、

なんだか割りにあわないような気がします。

そんな時に本領を発揮するサービスらしいです。

でも、世の中そんなに返金が必要な場面が

多いんでしょうか。

私は先日アマゾンを利用して、

それがちょっと思っていたものと違ったため、

返品をしました。

その場合は、クレジットカードの決済から

精算してもらったようです。

でもそれは、クレジットカードのデータを

先方が知っているからできるんですよね。

アマゾンはこのサービスは必要ないかも知れません。

今度は、旅先のショッピングモールで買ったものに

何か不具合があった場合を考えてみます。

返品の品を送り返すのはたいした事ないですが、

お金を受け取るには、

銀行口座などの情報を渡さなければいけませんよね。

万が一、その情報が漏れたりしたら。

返品もうっかりできないという話になってしまいます。

そんな時に、企業からメールである番号が送られてきて、

それを提示すれば、近所のセブンイレブンで受け取れる

というのは、結構便利で安全なサービスなのでは

ないかと思います。

企業側のメリットがあるかどうかは、

手数料次第でしょうけど、

情報を集めたり、その管理をしたりというのは

結構リスクが高いと思うので、

そういう面での需要は高いかも知れません。

なにより、お客さんに分かりやすい、

手間がかからない、というのが

一番かもしれません。

今新たに発見したのが、

銀行口座の解約による完全決済に

このサービスを使うらしい、という事。

さきほど200円払い戻したい人が

いるかどうか、なんて書きましたが、

こういう場合はありですね。

そして、ネット銀行を解約したときの半端な額を

きっちり受け取るのに、セブンイレブンのレジが

使えるのは確かに便利です。

そのうち当たり前に普及するのかも知れませんね。

ちょっと面白いサービスだと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
初心者ブロガーちまっとSIZE、ただいま練習中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちまっとLIFE , 2018 All Rights Reserved.